日本企業グローバルビジネスサポートLAPITA(JTB)

  1. TOP
  2. イベント
  3. その他の地域

イベント: その他の地域

開催日 イベント名 イベント内容
2023年02月27日~03月29日 農林水産省「令和4年度加工食品クラスター緊急対策支援事業 補助金公募」のご案内 TPP、日EU・EPA等及び日米貿易協定の発効により得られた輸出先国の関税撤廃等の成果を活用するため、輸出拡大が具体的に見込まれる国・地域に対して、 高品質な我が国加工食品の一層の輸出拡大を支援します。
2023年02月06日~02月24日 ★受付終了★令和4年度 輸入小麦等食品原材料価格高騰緊急対策事業 第5回公募のご案内 輸入小麦をはじめとした食品産業で使用される輸入原材料は、今般のウクライナ情勢等の影響により世界的に価格高騰していることから、本事業の事業実施主体は、国民生活や食品事業者等の事業継続に支障が生じることのないよう、価格が高騰している輸入食品原材料を使用している食品製造事業者等に対し、原材料を切り替えた新商品等の生産・販売(価格転嫁に見合う付加価値の高い新商品の開発を含む)や、原材料の使用コストを削減した新商品等の生産・販売、新たな生産方法の導入等の取組を臨時的に支援します。
2023年01月23日~01月25日 中小企業のための国内最大級 EC イベント「EC Camp2022」 開催概要  本イベントは、70 社もの EC サービス事業者から最新情報を収集し相談、毎日配信される 15 本の EC セミナーで知識やノウハウを習得できます。さらに、経験豊富な EC専門家と自社の課題について相談できます。申込サイトからの登録で、オンライン上の特設サイト(展示会場)に参加することができます。特設サイト内で、EC モールや物流等などのカテゴリで出展社の EC サービスの情報を動画などで確認でき、会期中は面談やセミナー視聴も行えます。(マッチングの事前予約は、1 月から特設サイトにて可能です。) EC を活用して新たな販路開拓や海外展開をお考えの中小事業者の参加を募集いたします。
2023年01月06日~01月17日 ★受付終了★令和4年度 輸入小麦等食品原材料価格高騰緊急対策事業 第四回公募のご案内 輸入小麦をはじめとした食品産業で使用される輸入原材料は、今般のウクライナ情勢等の影響により世界的に価格高騰していることから、本事業の事業実施主体は、国民生活や食品事業者等の事業継続に支障が生じることのないよう、価格が高騰している輸入食品原材料を使用している食品製造事業者等に対し、原材料を切り替えた新商品等の生産・販売(価格転嫁に見合う付加価値の高い新商品の開発を含む)や、原材料の使用コストを削減した新商品等の生産・販売、新たな生産方法の導入等の取組を臨時的に支援します。
2022年11月22日~03月05日 【出展要項】お米についてまじめに考える。 「お米と食料安全保障」「お米と環境」「お米と健康・食生活」というお米と私たちの生活にとって大切なテーマと向き合う「お米についてまじめに考える。」を開催いたします。これを機に、会場内でお米を食材とした皆様の商品を紹介してはいかがですか。詳しくは下記詳細欄をご覧ください。
2022年11月14日~12月09日 ★受付終了★令和4年度 輸入小麦等食品原材料価格高騰緊急対策事業 第三回公募のご案内 輸入小麦をはじめとした食品産業で使用される輸入原材料は、今般のウクライナ情勢等の影響により世界的に価格高騰していることから、本事業の事業実施主体は、国民生活や食品事業者等の事業継続に支障が生じることのないよう、価格が高騰している輸入食品原材料を使用している食品製造事業者等に対し、原材料を切り替えた新商品等の生産・販売(価格転嫁に見合う付加価値の高い新商品の開発を含む)や、原材料の使用コストを削減した新商品等の生産・販売、新たな生産方法の導入等の取組を臨時的に支援します。
2022年10月19日~11月09日 外務省主催「ビジネスと人権」に関する行動計画の実施を通した日本企業における人権デュー・デリジェンスの導入促進セミナー 近年、企業に対して人権尊重を求める声が国際的に強まる中、2011年6月の第17回国連人権理事会では、人権を保護する国家の義務や人権を尊重する企業の責任、救済へのアクセスの取組の必要性を示した「ビジネスと人権に関する指導原則:国連「保護、尊重及び救済」枠組の実施」が支持されました。また、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に当たっては、人権の保護・促進が重要な要素として位置付けられています。これらを背景に「ビジネスと人権」に関する行動計画の実施を通した日本企業における人権デュー・デリジェンスの導入促進セミナーを実施致します。
2022年10月18日~10月27日 ドイツ・K2022(国際プラスチック・ゴム専門見本市)視察ツアー 世界最新の技術が3年振りに一堂に集結する国際プラスチック・ゴム専門見本市 K2022。 JTBでは、開催都市デュッセルドルフ近郊都市でメッセ会場駅まで直通45分と好アクセスなホテルに宿泊する視察ツアーを企画いたしました。
2022年08月20日~08月25日 スロベニア ムラ地方見本市主催 「AGRA2022(ゴルニャ・ラドゴナ国際農業・食品フェア)」 日本パビリオン出展募集のご案内 株式会社JTBは、農林水産省「令和4年度スロベニアAGRA2022(ゴルニャ・ラドゴナ国際農業・食品フェア)への日本パビリオン出展・日本食イベント委託事業」の受託者として、スロベニア ムラ地方見本市(Pomurski sejem)が主催する中・東欧地域で最大規模の農業・食品関連見本市「AGRA2022(ゴルニャ・ラドゴナ国際農業・食品フェア)」※(以下「AGRA 2022」という。)への日本パビリオン事務局業務を担います。 日本パビリオンでは、展示エリアへの出展およびプレゼンテーションエリアにて製品、技術やサービス等をPRしたい日本企業を募集いたします。
2022年07月08日~08月09日 農林水産省「令和3年度加工食品輸出産地確立緊急対策 第2回補助金公募」のご案内 加工食品の輸出にあたっては、中小企業単独では難しい食品添加物・包材・包装・表示等の規制が複層的に課せられており、関係者が連携した輸出体制を構築する必要があります。海外の規制・ニーズ等に詳しく、マーケティング、ブランディング立案等が可能な国内外の商社、コンサル等と連携し、地域の特色ある加工食品を輸出するため、新商品・サービス開発、GI取得等のブランド構築、輸出先国の規制・ニーズに適合した商品開発・改良のために機械の改良・開発等を支援し、タイムリーな海外市場獲得を目指します。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
お問い合わせ
ラピタ事務局(株式会社JTB 新宿第二事業部内)
TEL:03-5909-8091 FAX:03-5909-8110
受付時間:9:30~17:30
土日・日曜日、祝日、年末年始、ゴールデンウィーク期間は翌営業日以降の対応とさせていただきます。
  • メールマガジン配信登録

PAGETOP