JTB

外国人材受入総合支援事業特定技能制度の飲食料品製造業分野及び外食業分野

受入れ事例紹介受入れ事例紹介

特定技能外国人を受入れている企業と、そこで活躍する特定技能外国人の声をご紹介します。

CASE06飲食料品製造業ワタミ株式会社 「ワタミ手づくり厨房」 東松山センター

毎月の意見交換会で業務ルールの「なぜ」を解決

企業情報
  • 事業内容:外食事業(国内・国外)、宅食事業、農業事業、環境事業
  • 従業員数:2,642人(グループ計、2020年3月期)
  • 特定技能者受入れ数:64名(東松山センターのみ。ベトナム人61名、カンボジア人3名)

外国人材の受入れ目的

東松山センターは、宅食事業の製品であるお弁当を1日約5万5000食製造しています。食品製造業は、業界全体が人手不足の傾向にあります。しかし一方で、標準化された繰り返しの作業が多く、外国人材でも比較的働きやすい業種でもあります。当センターでも、人手不足と従業員の高齢化を背景に、新たな働き手を確保しようと2017年から外国人材の受け入れを始めました。

特定技能の雇用については、技能実習の経験者を中心に採用しています。採用選考では二度の面談を行いますが、一次面談で勤務地を伝え、生活インフラなどに対する質問にも丁寧に答えています。

外国人材の勤務、生活状況

外国人材は、お弁当の盛り込みを中心に、食材の運搬、検査などの作業に就いています。盛り込みラインでは、簡単な食材の担当から始め、徐々に粘度の高い食材など難しい作業を担当してもらいます。みんな初めて教わる作業にも懸命に取り組んでいます。業務を効率よく進めようとする主体性も強く、時には作業の改善を提案してくれることもあります。

また、ベトナム語のマニュアルは用意していますが、先輩実習生が後輩にアドバイスしたり、日本人社員の話を通訳したりするなど、助け合って仕事をしています。一方で、苦労するのは、手洗いや物を洗う時の基準など、衛生に関する意識の差です。現場での声掛けだけでなく、通訳が同席する機会をとらえて丁寧に理由を説明し、理解した上で取り組んでもらうよう努めています。

フォロー体制

現場での指導に加え、月に一度、同時期に入社した外国人材を集めて、通訳、担当業務の社員、登録支援機関を交えた意見交換会を開いています。外国人材からの意見は、業務に関するものがほとんどで、手洗いのルールの細かな説明などもこの機会に行っています。勤務シフトを定期的に変えるなど、働く時間や時間帯が公平になるような配慮も大切にしています。

同じ盛り込みのラインで働いているのは、高齢の日本人従業員が多く、外国人材のフォローをしてくれています。コロナ禍以前は外国人材を休日に温泉に誘うこともありました。仕事中は、逆に、若い外国人材が高齢従業員の作業を率先してサポートする姿も見られ、良い関係を築けています。

特定技能外国人インタビュー

この工場で長く働き、将来は母国で日本語を活かしたい

グェン・ティー・フエ(NGUYEN THI HUE)さん

水産加工業で3年間技能実習生を経験し、特定技能になりました。人間関係や仕事の内容も良く、この工場で長く働きたいと考えています。日本語の勉強にも力を入れていて、将来はベトナムで日本語を使った仕事をしていきたいです。

優しくサポートしてもらいながら仕事を覚えています

グェン・フエ・アン(NGUYEN HUE ANH)さん

留学生時代にワタミの飲食店でアルバイトをし、この会社でもっと働きたいと考えて入社しました。現場では、盛り付けだけでなく飯盛り機などの機械も担当しています。周りの方が優しく教えてくれるので、スムーズに仕事ができています。

お問い合わせ受付時間 平⽇10:00〜17:30
(⼟⽇・祝⽇・年末年始を除く)