日本企業グローバルビジネスサポートLAPITA(JTB)

  1. TOP
  2. 海外経済情報
  3. 中国・ロシア・ブラジル
  4. 東横イン、ロシアでのホテル建設を計画

東横イン、ロシアでのホテル建設を計画

 東横イングループがロシアへの進出を計画している。8月5日付でモスクワ市建設投資委員会のサイトが伝えた。

 モスクワ市建設投資委員会議長のティモフェーエフ議長によれば、今年5月、東横インの代表者がフスヌルリン・モスクワ副市長と会談を行った。東横インは総面積6000~1万㎡のホテルをモスクワに建設する計画だ。ホテルはビジネスマン向けのため、地下鉄の駅の近くなど、交通の便のいい場所に作られる。東横イン側は、一泊40~50㌦という安価な料金で宿泊サービスを提供するという自社のコンセプトを維持していく意向だ。モスクワ市には民間に供与できる面積の大きな土地はほとんど残っていないため、東横イン側は私有地で土地を探すことになる。ティモフェーエフ氏は、客室数100の場合、建設費用は2000万㌦になると試算している。なお、関係者によれば、東横インは計10軒(モスクワに7軒、サンクトペテルブルクに3軒)のホテルを建設予定だという。(後略)(8/5)

(週刊ボストーク通信1105号より)

・・・これより先の記事は、ラピタ会員専用ページにてお読みいただけます。

ラピタ会員専用ページをご覧いただくには「会員登録」が必要です。
・すでに会員登録をされている方はこちらから
・まだ会員登録をされていない方はこちらから

PAGETOP